スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦国とんぼ玉  “トンボ玉の女王”  中国河南省・洛陽金村 B.C.5-3c

sengokutonbo1 右の写真は東京国立博物館で展示されている伝中国河南省・洛陽金村出土の戦国とんぼ玉です。戦国玉には様々な意匠がありますが、これほど手の混んだ模様を持つ戦国玉は極めて珍しく、ある著名な美術史家は「中央に七曜文、周りに連珠文区画その外側を菱形円文が並んだ豪華絢爛たる意匠美を持ち、トンボ玉の女王といっても過言ではない。紺地に白、赤褐色の配色美もみごとであり、紺地と白の清楚な印象も捨てがたい」と絶賛しています。洛陽金村の戦国玉が世に知られるようになったのは1930年ごろで、由水常雄氏はその経緯を著書「火の贈りもの」で次のように述べています。

http://blog-imgs-29.fc2.com/b/e/a/bead2/sengokudama2.jpg" alt="sengokudama2.jpg" border="0"align="left" />">sengokudama2.jpg 「1929年頃、河南省の洛陽周辺の地域から、たくさんの美しい出土品が市場にではじめた。当時、河南のキリスト教管区の司教をしていたトロント大学の考古学助教授W・C・ホワイトは、これらの出土品に注目して、その出土地を追跡した。そして、ついにその遺宝の出土場所を探り当てた。そこは現在の洛陽から約20キロメートルほど北東に進んだ地域で、周の古城跡、金村であった。このようにして非公式な形で世に出て来た、これら数々の秀逸なる遺宝の中には、ガラス史上無視することのできない貴重な資料が含まれていたのである。」

 洛陽金村出土の戦国玉について、考古学者の原田淑人氏は1936年、論文で「蜻蛉玉は(中略)西域方面から伝来し、支那内地でも在留外人または一部道人などといわれた種類の人々に依って造られたものと考えられるのである」と玉の由来について自説を述べました。

sengokudama3.jpg この説を裏付けることになったのが、1938年にセリグマン(C.G.Seligman)とベック(H.C.Beck)が発表した論文「極東のガラス、その西方起源」“Far Eastern Glass: Some western origins”です。この論文では、化学分析の結果をもとに、戦国とんぼ玉はエジプトを含む西方より伝来してきたものか、あるいは、中国でそれらを模倣して作られたものか、そのいずれかであると結論づけ、戦国玉の西方起源論を展開しました。

 このセリグマンとベックの論文は、今日に至るまで戦国玉に関する最も基本的な文献とされており、後世のガラス研究家に与えた影響も多大でした。「とんぼ玉」の著者、由水氏もこの論文から受けた衝撃を次のように述べています。

 「私がトンボ玉に興味を持ち始めたのは、今から三十年余り前のこと。シルクロードの興味にとりつかれて、西アジアで作られたガラス製品が、いつ、どのルートをたどって中国や朝鮮、日本にやってきたかを調べ始めた時からであった。中国や日本で出土するトンボ玉と同似のものが、ユーラシア大陸の各地で出土している。それによって、伝播ルートや各地の拡がりがみえてきて、痛快に思っていた矢先のこと。スウェーデンの学会誌に載った、C・G・セリグマン、H・C・ベック『極東のガラス-その西方起源』(ストックホルム、1938)に接して大きなショックを受けた。(中略)私はこの戦国玉に釘付けになり、以来三十年間、トンボ玉を追いつづける運命となった」

 洛陽金村の古墓群から出土したのは戦国玉などガラス製品だけではありませんでした。たとえば、日本屈指の古美術店「壺中居」の創業者、広田不狐斎から細川侯爵家16代・細川護立氏(1883~1970)に渡った鏡「金銀錯狩猟文鏡」も出土品の一つで、これは後に国宝に指定され現在は永青文庫に収められています。

 ホワイト助教授が入手した洛陽金村出土のとんぼ玉の多くは、現在カナダのロイヤル・オンタリオ博物館に収蔵されています。日本では、出土地が明確ではないものの、おそらく洛陽金村出土であろうと伝えられている戦国玉が東京国立博物館のほか、奈良県天理市の天理参考館(下の写真は同館発行の絵葉書)で見ることができます。(2008.10.5)

sengokudama4.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
コンテンツ一覧
TOP PAGE

【とんぼ玉とビーズの世界史】
人類最古のビーズ(10~9万年前 )  古代エジプト・隕石のビーズ(B.C.3000年頃)   宝貝のビーズ(B.C.1000年頃~)   17世紀のとんぼ玉   20世紀のとんぼ玉

【重層貼眼玉】  
フェニキア玉   ケルト玉  ペルセポリス型  イラン・ガレクティ1号丘5号墓  ペルシアの瑠璃玉

【古代ローマ】
労働者のビーズ  壺型とんぼ玉  帯状モザイク玉

【ヨーロッパ・アフリカのとんぼ玉】
ベネチア玉  エチオピアンチェリー  ロシアンブルー  キッファビーズ  カメルーン  ベルベル人

【日本・中国のとんぼ玉】
江戸とんぼ玉  かんざし  和泉蜻蛉玉(大阪)  アイヌ玉(シトキ・タマサイ)  《民藝 387号》  戦国とんぼ玉  乾隆玉と単色玉

【アジア・オセアニアの諸民族】
台湾・パイワン族(排灣族)  《民藝 76号》  ボルネオ島・ダヤク族  パラオ共和国(ウドウド)  ミクロネシア連邦(ヤップ島)  インド・ナガ族

【アジアのとんぼ玉】
インド・バラナシ  インドパシフィックビーズ  ジャワ・ジャティムビーズ  ニューギニアビーズ

【東南アジアの遺跡】
タイ・バンチェン  ベトナム・サーフィン  ベトナム・オケオ  ラオス・ジャール平原

【コレクション】
芹沢銈介コレクション  平山郁夫コレクション  川田順造コレクション  とんぼ玉美術博物館コレクション
メール(e-mail)
ご感想や相互リンクの依頼などは、こちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。