スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドパシフィックビーズ Indo-Pacific Beads

 インドパシフィックビーズとは、右の写真のような『インド洋でつくられた引きガラス方法による単色のビーズ』のことで、インド南東部の遺跡アリカメドゥ(Aricamedu)で紀元前2世紀頃から作られたとされています。

 紀元1世紀の終わりか2世紀の初めごろには、ベトナムのオケオや、スリランカ、マレーシア、タイまで製作技法が伝わり、アリカメドゥの職人が移住したパパナイドゥペトゥ(Papanaidupet)では現在まで2000年以上にわたりこのビーズが作られてきました。色は不透明な赤やオレンジが一般的ですが、黄色や黒、半透明の青などもあります。

 インド洋ではこのビーズが古くから東西交易によって各地に運ばれ、東は日本、韓国、西は東アフリカの遺跡からインドパシフィックビーズが発掘されています。

 このインドパシフィックビーズはしばしば、「季節風ビーズ(Trade Wind Beads)」と呼ばれることがあります。しかし、この言葉は本来、アジアで作られ季節風貿易によって東アフリカに運ばれたビーズを示すもので、石のビーズや芯巻法で作られたとんぼ玉も含んでいます。 

 また、オレンジ色のインドパシフィックビーズがインドネシアのチモールや東ヌサ・トゥンガラ州などで家宝として大切にされていることから、現地の用語である「ムティサラ(Mutisalah、ニセ真珠)」として紹介されることもありますが、「ムティサラ」は実際には引きガラスによって作られたビーズだけでなく、中国製の芯巻ビーズ(Coil Beads)なども含んでいます。

 従って、インドパシフィックビーズという名前は、古代から連綿と作られてきた引きガラス方法のガラスビーズであることに重点を置いた呼び方で、近年、日本でも弥生時代や古墳時代の副葬品として発掘されたガラス玉がインドパシフィックビーズであるという見方が注目されています。・・・続く(2006.10.9)

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
コンテンツ一覧
TOP PAGE

【とんぼ玉とビーズの世界史】
人類最古のビーズ(10~9万年前 )  古代エジプト・隕石のビーズ(B.C.3000年頃)   宝貝のビーズ(B.C.1000年頃~)   17世紀のとんぼ玉   20世紀のとんぼ玉

【重層貼眼玉】  
フェニキア玉   ケルト玉  ペルセポリス型  イラン・ガレクティ1号丘5号墓  ペルシアの瑠璃玉

【古代ローマ】
労働者のビーズ  壺型とんぼ玉  帯状モザイク玉

【ヨーロッパ・アフリカのとんぼ玉】
ベネチア玉  エチオピアンチェリー  ロシアンブルー  キッファビーズ  カメルーン  ベルベル人

【日本・中国のとんぼ玉】
江戸とんぼ玉  かんざし  和泉蜻蛉玉(大阪)  アイヌ玉(シトキ・タマサイ)  《民藝 387号》  戦国とんぼ玉  乾隆玉と単色玉

【アジア・オセアニアの諸民族】
台湾・パイワン族(排灣族)  《民藝 76号》  ボルネオ島・ダヤク族  パラオ共和国(ウドウド)  ミクロネシア連邦(ヤップ島)  インド・ナガ族

【アジアのとんぼ玉】
インド・バラナシ  インドパシフィックビーズ  ジャワ・ジャティムビーズ  ニューギニアビーズ

【東南アジアの遺跡】
タイ・バンチェン  ベトナム・サーフィン  ベトナム・オケオ  ラオス・ジャール平原

【コレクション】
芹沢銈介コレクション  平山郁夫コレクション  川田順造コレクション  とんぼ玉美術博物館コレクション
メール(e-mail)
ご感想や相互リンクの依頼などは、こちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。