スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪・泉州のとんぼ玉

 大阪・泉州地域でのとんぼ玉づくり。1949年に大阪で発行された杉江重誠編集『日本ガラス工業史』にはガラス産業の発展の歴史が詳しく記されており、泉州玉・さかとんぼの起源についても次のように説明しています。

  『大阪府の和泉國、今の堺市付近では昔からガラス玉が作られ、泉州玉と呼ばれて有名であった。この泉州玉の由来をたずねると、神功皇后が三韓征伐から帰らるる時、高麗から玉を製作する技術者をつれ帰り、浪速朝廷の地に近い堺市で技法を日本人に伝授せしめたのが、その嚆矢であるといい伝えられている。
 
 明治初年頃にもこの地にガラス玉製作の技法が残っていて、泉喜三郎、柴田寅吉などは専ら神仏装飾用及び念珠玉或いは玉簾などを製作していた。明治10年(1877年)頃この和泉國泉北郡池上村に農を業としていた神山喜代松は、ガラス玉製造の有望なるに着目し、自ら柴田寅吉についてガラス玉の技法を習得し、帰村の上その製造に着手した。その時の製品は全部柴田寅吉に渡して売り捌いていたが、当時としてはその工賃は極めて有利なものであった。この時彼の従弟に当たる藤原政太郎も彼から技術の伝授を受けて製作していたが、諸物価の安い当時片田舎で行われた農村の副業としては甚だ有利な仕事であったので、村民から技術の伝授をせまられ、遂にそれに応じて技術を公開した。これが和泉國にガラス玉製造の発展した元であった。

 当時は交通も不便であったから需要地である京都へ運ぶにも、大阪の天満まで運び八軒家から淀川上りの川舟に積み込み、伏見の浜から京都の問屋へ送り届けたのであった。

 一方、大阪の玉造の地で明治十年頃、小林吉兵衛(明治40年3月11日歿)はタバコ入れの緒締をガラス玉で製造したほか、吉兵衛自ら金型を作り、型ものと呼ばれる押型オモチャも作っていた。さらにその後明治15年(1882年)には我国で始めてガラスで模造宝石を製作した。従って小林吉兵衛は、現代日本のガラス工業の草分けの一人というべきである。そしてその弟子であった加藤達は、明治32年(1899年)の頃ガラスの置物や色ガラスの玉をつけた花針と待針を作った。これがガラス玉付き待ち針の嚆矢であったといわれている。

 このようにして、さきの神山喜代松と小林吉兵衛のガラス技術は、その弟子達を通じて次第にひろまり、ここに和泉國信太村のガラス玉類は、その地の特産品として有名になった。』

 明治時代にこの地域でとんぼ玉がどのように作られていたかは、アイヌ芸術研究者・杉山寿栄男氏が『アイヌたま』に詳述しています。杉山氏は昭和初めごろに「河内国泉北郡葛ノ葉村」でとんぼ玉づくりを実見し、その様子をまとめています。まず、昭和初期に実際に行われていたとんぼ玉の製作方法についての説明です。

 『棚と机を兼ねた如き細工台の箱が置かれて、左方にアルコールランプがありAB二線のゴム菅の下部が石油缶に入り、フイゴの先に竹の棒が結びつけられて、これを足で踏むと、フイゴの空気は石油缶に入って圧搾され、その空気はAから入ってはアルコールランプの火力を強くし、Bに通ずるものは、玉の冷却に使用するように出来ている。

 職人は箱に腰をかけて、この火口に針金の如き細き一尺位の串の棒を鉄火に炙りつつ、一方右手に硝子の材料である一尺位の硝子の棒を火に炙りつつ、左手の鉄串を回転している内に、硝子は溶け始めてこの鉄串に巻きつき、適宜の玉が作り出される。これらの玉を造るには、他に何等道具を使用せず、一定の丸さの玉が炙り出されるので、たまたま丸みの不正の時には、傍に薄い鑢があってそれで修正する。またみかん玉を作る時にも、玉の軟らかい内にこの鑢の薄い刀の面で玉に筋を入れれば、みかん玉状の筋玉が得られるので、このひとつの串に団子の如く幾つも並列されるものである。この鉄串には最初に房州砂(人によっては荒木田土)の如き石粉が塗布されて、この玉が冷却してから、この鉄串から容易に抜き取られる様、この粉が附されるので、よく古い玉の孔口の内に、この白粉が残されてある。これら一つの鉄串に綴られた玉は下部の藁灰の箱に入れられ、玉が冷却してから、この串を抜きとるのである。』

meiji.jpg 明治初年ごろは『大体その製作法は同一であるが、液体燃料使用と固体の炭やコークス燃料の相違は古くは窯の応用となっている。』ということです。
 
 具体的には、(1)のAにガラスの原料を入れて溶かし、(2)のように巻き付け、(3)で形を成型し、(4)のように藁灰で冷却する。(5)で玉を串から抜き取り、鉄串の先に金剛砂をつけて孔口の修正をしたら完成という一連の作業の流れが説明されています。

 (3)のように半球の鉄型で作られたものはアイヌのとんぼ玉の古いものにもあって、両面から張り合わせてようなものはこの型によって作られたものだと考えられるそうです。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
コンテンツ一覧
TOP PAGE

【とんぼ玉とビーズの世界史】
人類最古のビーズ(10~9万年前 )  古代エジプト・隕石のビーズ(B.C.3000年頃)   宝貝のビーズ(B.C.1000年頃~)   17世紀のとんぼ玉   20世紀のとんぼ玉

【重層貼眼玉】  
フェニキア玉   ケルト玉  ペルセポリス型  イラン・ガレクティ1号丘5号墓  ペルシアの瑠璃玉

【古代ローマ】
労働者のビーズ  壺型とんぼ玉  帯状モザイク玉

【ヨーロッパ・アフリカのとんぼ玉】
ベネチア玉  エチオピアンチェリー  ロシアンブルー  キッファビーズ  カメルーン  ベルベル人

【日本・中国のとんぼ玉】
江戸とんぼ玉  かんざし  和泉蜻蛉玉(大阪)  アイヌ玉(シトキ・タマサイ)  《民藝 387号》  戦国とんぼ玉  乾隆玉と単色玉

【アジア・オセアニアの諸民族】
台湾・パイワン族(排灣族)  《民藝 76号》  ボルネオ島・ダヤク族  パラオ共和国(ウドウド)  ミクロネシア連邦(ヤップ島)  インド・ナガ族

【アジアのとんぼ玉】
インド・バラナシ  インドパシフィックビーズ  ジャワ・ジャティムビーズ  ニューギニアビーズ

【東南アジアの遺跡】
タイ・バンチェン  ベトナム・サーフィン  ベトナム・オケオ  ラオス・ジャール平原

【コレクション】
芹沢銈介コレクション  平山郁夫コレクション  川田順造コレクション  とんぼ玉美術博物館コレクション
メール(e-mail)
ご感想や相互リンクの依頼などは、こちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。