スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケルト玉(ハルシュタット文化) ~B.C.450年頃

ケルト玉 1846年、オーストリア・ザルツブルク南東の村『ハルシュタットHallstatt』にある古代墓地が発掘され、中央ヨーロッパにローマ人が到来する遙か昔、ケルト人による高度な文明が成立していたことが判明しました。紀元前800年~同450年頃に、現在のオーストリアからバルカン半島北部、フランス東部にいたるドナウ川流域を中心とする広い範囲で栄えた文化は『ハルシュタット文化』と呼ばれ、スロベニア(旧ユーゴスラビア)の都市、ノヴォ・メストNovo Mesto近郊の町Brezje pri Trebelnemにあるハルシュタット文化期の遺跡からはフェニキア玉(写真右)が見つかりました。

ケルト玉  ケルト語で「製塩所の場所」という意味であるハルシュタットには岩塩の採れる鉱山があり、ケルト人はこの地で塩をつくり交易に行い、紀元前6~5世紀にはハルシュタット以外の場所でも盛んに地中海地方と交易を行っていたことが判明しています。とんぼ玉は主にフェニキア人によってもたらされたと考えられており、左の写真(プラハ国立博物館蔵)のようなとんぼ玉はケルト玉と呼ばれています。

 左下の写真もノヴォ・メストNovo Mesto近郊のSmarjetaにある遺跡から出土したガラス玉とコアガラスの破片で、右下は同じくスロベニアのグロースプリェGrosuplje近郊の古墳から出土したものです。(ウィーン自然史博物館Naturhistorisches Museum Wien蔵)

h5s.jpgh6s.jpg

 紀元前600年頃にマッサリア(現在のマルセイユ)にギリシア植民市が形成され、地中海沿岸からローヌ川をさかのぼる新たな交易ルートができると次第にハルシュタットは廃れていき、紀元前450年頃からは、あらたに『ラ・テーヌ(スイス・ヌシャテル湖北端の村)文化』が興隆していきました。
スポンサーサイト

【古代ローマ】ミルフィオリ

roman mil1 紀元前1世紀から紀元1世紀にかけ、ローマ帝国ではミルフィオリ、リボンガラス、ゴールドバンドガラスなどのきらびやかで豪華なモザイクガラスが流行しました。大量生産が可能な吹きガラスが普及する前のことで、限られた数しかつくることができないモザイクガラスは非常に貴重で贅沢なものでした。金太郎飴の要領で、溶かした色ガラスから小さな花模様のチップをつくり、それらを平らに溶着して成型することで容器類(皿、碗、杯など)に仕上げました。この時代のミルフィオリガラスは右の写真のように破片となってしまっていることが多いのですが、完全な形で、あるいは修復可能な形で出土することも少なくありません。

roman mil モザイクガラスの技法は遅くとも紀元前3世紀ごろ、エジプト・プトレマイオス朝の時代のガラス職人によって確立され、帝政ローマ期には主にイタリアの工房でミルフィオリが製作されたと考えられています。左の写真は2009年4月、ロンドン博物館によって公開されたミルフィオリ碗で、ロンドンの墓地から細かく割れた状態で発見されたものを復元したものです。

 ローマ帝国の分裂後、ミルフィオリの技術はほぼ断絶してしましますが、近世になるとベネチアで復活し、この技法を使ったトレードビーズが大量にアフリカへの貿易品として生産・輸出されました。(2010.2.1)

続きを読む

【古代ローマ】 労働者のビーズ

ベス 2008年6月、ローマ・フィウミチーノ空港近くで見つかった1世紀後半から2世紀ごろの墓地に、重労働に従事していた労働者(または奴隷)が多数、埋葬されていたことが分かりました。発見された人骨約300体のうち約7割が成人の男性で、背骨に損傷が見られることから、港湾から荷揚げされた重い荷物や塩の袋などを背負って運んでいた可能性があるということです。また、子どもの墓からは、黄金のイヤリングや銅の指輪、ファイアンスのベス像、琥珀や貝のビーズでつくられたネックレス(右の写真)が出土しました。帝政ローマ期の特権階級ではなく、庶民の生活を知る手掛かりとなる貴重な資料で、特に民間で信仰されていたエジプトの魔除けの神様であるベスが埋葬されていたことは、非常におもしろい発見です。(2008.6.15)

続きを読む

【古代ローマ】 帯状モザイク玉

roman beads 右の写真は帯状モザイク三角玉と呼ばれるローマ時代を代表するとんぼ玉の一つです。写真の玉は銀化が進んでおり判別が困難ですが、帯は鮮やかな青色であることが多いのがこのとんぼ玉の特徴です。『世界のとんぼ玉』では人面とんぼ玉やゴールドバンド玉、ゴールドサンドイッチ玉と並んで掲載されており、同書には佐野公代コレクションのネックレスなどが紹介されています。このとんぼ玉は縞メノウを模したデザインとされ、現在のイランで発掘されることが多いとのことです。イラン高原出土のとんぼ玉をまとめた『ペルシアの瑠璃玉』にも同様のとんぼ玉が掲載されています。(2008.08.25 関連記事:壺型とんぼ玉労働者のビーズ)

【古代ローマ】 壷型とんぼ玉

 右の写真は帝政ローマ期(紀元前27年~紀元後395年)に地中海東岸、現在のレバノン、イスラエル、シリア、ヨルダン付近で製作され流通していた容器型とんぼ玉です。取っ手が一つあり、網のようなジグザグの透かし模様が胴体部分を包んでいるのが特徴で、口から内部が空洞になっているタイプと、ふさがっているタイプがあるようです。写真は空洞タイプで全長約2.2センチ、空洞部分は口から約1.2センチです。日本では類品が、横浜ユーラシア文化館や羽原コレクションに収蔵されています。


ルーブル美術館のある研究員の解説によると、空洞タイプは
 ①エルサレム
 ②ヨルダン川西岸のサマリア
 ③アンマンの北約110キロの都市ウンム・ケイス(旧ガダラ)
などから出土し、ふさがっているタイプはイスラエル北部の都市ナザレで出土しているとのことです。古代ギリシャで葬祭用の供物としてつかわれた陶器製の香油瓶『レキュトス』のような形をしていますが、ローマ期には他にも左の写真の様な色々な形の壷をかたどった思われるとんぼ玉が発掘されています。(2007.6.1)
検索フォーム
コンテンツ一覧
TOP PAGE

【とんぼ玉とビーズの世界史】
人類最古のビーズ(10~9万年前 )  古代エジプト・隕石のビーズ(B.C.3000年頃)   宝貝のビーズ(B.C.1000年頃~)   17世紀のとんぼ玉   20世紀のとんぼ玉

【重層貼眼玉】  
フェニキア玉   ケルト玉  ペルセポリス型  イラン・ガレクティ1号丘5号墓  ペルシアの瑠璃玉

【古代ローマ】
労働者のビーズ  壺型とんぼ玉  帯状モザイク玉

【ヨーロッパ・アフリカのとんぼ玉】
ベネチア玉  エチオピアンチェリー  ロシアンブルー  キッファビーズ  カメルーン  ベルベル人

【日本・中国のとんぼ玉】
江戸とんぼ玉  かんざし  和泉蜻蛉玉(大阪)  アイヌ玉(シトキ・タマサイ)  《民藝 387号》  戦国とんぼ玉  乾隆玉と単色玉

【アジア・オセアニアの諸民族】
台湾・パイワン族(排灣族)  《民藝 76号》  ボルネオ島・ダヤク族  パラオ共和国(ウドウド)  ミクロネシア連邦(ヤップ島)  インド・ナガ族

【アジアのとんぼ玉】
インド・バラナシ  インドパシフィックビーズ  ジャワ・ジャティムビーズ  ニューギニアビーズ

【東南アジアの遺跡】
タイ・バンチェン  ベトナム・サーフィン  ベトナム・オケオ  ラオス・ジャール平原

【コレクション】
芹沢銈介コレクション  平山郁夫コレクション  川田順造コレクション  とんぼ玉美術博物館コレクション
メール(e-mail)
ご感想や相互リンクの依頼などは、こちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。